インドの大手財閥タタ・グループは今年末にもスマートフォン向けの「スーパーアプリ」を投入する考えだ。8月24日、テック・イン・アジアなどが報じた。タタは傘下のデジタル企業を通じてネット通販や食品の販売サービスなどを手掛けている。こうしたサービスを一つのアプリに統合する考え。スーパーアプリは通信最大手を傘下に抱えるリライアンス・インダストリーズなども展開することを計画しており、競争が激化しそうだ。