シンガポール塗料大手のウットラムグループは8月21日、日本ペイントグループを子会社化すると発表した。日本ペイントはアジア事業の主導権を取り、インドネシアなどを中心に市場シェアを拡大していく考え。ウットラムは華僑系の複合企業で不動産事業なども手掛ける。創業者のゴー・ハップジン代表はシンガポール有数の大富豪として知られる。