韓国自動車大手の起亜自動車はインドで生産体制を強化し、既存工場のシフトを増やすことで生産台数を4割ほど増加させる。8月20日、タイムズ・オブ・インディアが幹部の話として報じた。起亜は2019年8月にアーンドラ・プラデーシュ州の拠点で生産を開始した。この拠点における生産台数は月産1万8000台から2万5000台に拡大する見通しだ。