米グーグルは8月17日、オーストラリアの競争当局に対する書簡を公開した。当局はニュース記事の配信について使用料を支払うことをグーグルなどに求めているが、これに反発している。書簡では利用者の個人情報もニュース配信企業に渡る恐れがあるなど複数の問題点に触れている。BBCなどによれば、当局は「書簡には誤解されている部分が多い」と指摘している。