インド国営の航空大手、エア・インディアは新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした需要急減に対応するため、欧州路線を半減させる。ミラノ、マドリード、ウィーン、コペンハーゲン、ストックホルムの5都市から撤退する見通しだ。タイムズ・オブ・インディアなどが8月12日に報じた。