インド政府は101品目の防衛装備品の輸入を段階的に禁止し、国内メーカーからの調達に限定する方針を固めた。8月10日、ビジネス・スタンダードなどが報じた。今年12月からりゅう弾砲やロケットランチャー、防弾チョッキなどが69品目が対象になる。来年には通常動力の潜水艦や軽機関銃なども対象になる見通し。国内の防衛産業を育成する狙いがあると見られる。