英調査会社が世界的な企業のブランド力をランキング形式で発表する「フューチャー・ブランド・インデックス」で、このほどインドのコングロマリット、リライアンス・インダストリーズがアップルに続き2位に着けた。インドで注目のニュースとなっており、ビジネス・スタンダードやタイムズ・オブ・インディアなどが報じた。リライアンス・インダストリーズはエネルギー産業から通信まで手掛け、最近では米フェイスブックや米グーグル、米国の著名投資ファンドなどから相次ぎ通信分野で大規模な投資を受けており、知名度が急上昇していた。