インドネシア政府は電気自動車(EV)の普及促進策を近く発表する。EVメーカーや購入者に対する低税率の適用や、EVの所有者に特別な駐車エリアを提供するといったメニューが並ぶ見通しだ。優遇策の導入することによりシンガポールやタイなど東南アジアの競合との差異化を図り、自国を次世代自動車の拠点にすることを狙う。3日、ブルームバーグが報じた。