シンガポールのライドシェア・配車大手のグラブは1日、同国の大手保険共同組合と組み、グラブのドライバー向けに病気や怪我に対応する低価格の保険サービスを始めた。ドライバーはアプリを通してサービスを申し込み、利用者から受け取る代金から自動的に保険料が支払われる仕組みとなっている。