米アマゾン・ドット・コムが、インド財閥傘下の小売大手リライアンス・リテールの株式を26%を上限に取得する交渉を進めている。1日、エコノミック・タイムズが関係者の話として報じた。リライアンス・リテールはインド国内で1万店を越える店舗を展開している。アマゾンは出資によりオムニチャネル戦略を進める考えだ。リライアンス・リテールに対しては中国ネット通販大手アリババ集団も株式取得を検討していたが、交渉は進まなかったようだ。