オーストラリア政府は大規模な太陽光発電所から生み出した電力を海底ケーブルを経由し東南アジアに供給するプロジェクトを推進する。このプロジェクトに携わる企業によれば、実現すればシンガポールの電力需要の5分の1を賄えるという。2027年の実現を目指し、来月にも海洋調査を開始する。7月30日、米ブルームバーグが報じた。