ビジネス・スタンダードの29日報道によれば、日本の石油元売り最大手のJXTGホールディングスと、マレーシアの国営ペトロナスが、インド中部にあるBina製油所の株式取得に関心を示している。同紙が関係者の話として伝えた。Bina製油所はオマーンとインド両国の国営会社が合弁で経営しており、日産15万6000バレルの原油処理能力を持つ。