タイの格安航空会社(LCC)、タイ・ライオン・エアは、国内空港に対する駐機料の支払いがかさみ経営を圧迫しているとタイ政府に訴え対応を求めた。タイライオンは3機のボーイング737MAXを運用していたが、同型機の事故を受け利用を見合わせざるを得ず、利益を生まない形で駐機料のみを支払い続ける状況が続いている。27日、バンコク・ポストが報じた。