タイ最大手財閥チャロン・ポカパン(GP)グループの中核子会社で食品事業を手がけるチャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、韓国料理レストランを展開するDak Galbi Groupに対する持ち株比率を足元の41%から60%に高める。CPFは投資に力を入れており、スタートアップ段階にあるレストランチェーンなどへの出資を加速させる計画を掲げる。バンコク・ポストが26日報じた。