ビデオ会議サービス「Zoom」を手掛ける米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズはインドのバンガロールにテクノロジーセンターを新設し、インドの優秀な人材を今後数年で確保していく。インドでは対中関係の悪化と反比例して米国のIT関連企業の投資が相次いでいる。7月21日、タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。