インドネシアで電気自動車(EV)やハイブリッド車に関する大規模投資が続きそうだ。トヨタ自動車はハイブリッド車などの開発に20億ドルを投じる計画で、現代自動車は2021年に普通車に加え電気自動車などの生産を始めると発表。テスラやフォルクスワーゲンなどはバッテリー工場を建設に関心を示しているという。19日、スターオンラインが報じた。