短編動画アプリ「Tik Tok(ティクトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)はインドに大規模なデータセンターを設立する。ビジネス・スタンダードが22日報じた。同報道によれば、ソーシャルメディア企業としては初の動きという。バイトダンスはインド市場に10億ドルを投じる計画で、今回のデータセンター設立はその一環。インド政府が進める大手ネット企業に対する規制強化への対応策でもある。バイトダンスはインド市場で短期間に2億人を超えるユーザーを獲得している。