IMF(国際通貨基金)は16日、ベトナム経済の2019年の成長率が2018年と比べて鈍化するとの見通しを示した。昨年のベトナムのGDP(国内総生産)の伸び率は7.1%と、10年間で最も高い水準に達したが、今年は世界経済の不透明感の強まりが同国経済の足を引っ張るとしている。17日、ストレーツ・タイムズなどが報じた。