東南アジア各国で新型コロナウイルスの感染が拡大している。ミャンマーでは1日当たりの新規感染者数が4000人を超える日が続き、ミャンマー国軍は急きょ7月17〜25日を休日にすると発表。一部を除く企業の活動休止を求め、外出自粛も要請した。タイやインドネシア、マレーシア、ベトナムなども感染拡大を封じ込めるためのロックダウン(封鎖)措置を相次ぎ導入している。