2021年1~6月のインドと中国との貿易額は574億8000万ドルと前年同期比63%増加した。昨年に印中国境で両軍が衝突し関係は冷え込んでいたが、貿易面では結びつきが依然として深まっていることが明らかになった。中国からインドに対しては酸素濃縮器や人工呼吸器など医療関連品の輸出が大幅に増加し、インドから中国に対しては鉄鉱石やアルミニウムなど資源の輸出が増えている。タイムズ・オブ・インディアが中国の税関のデータを元に7月13日報じた。