シンガポールで7月10日総選挙が実施された。リー・シェンロン首相が率いる人民行動党(PAP)が圧勝し、定数93席のうち83議席を確保したものの、得票率は61%と低水準で、野党第一党の労働党が躍進。過去最多の10議席を確保した。ロイターなど各紙が報じた。外国人労働者に依存してきた経済が新型コロナウイルスの感染拡大によって機能不全に陥るとの不安や、新型コロナ危機の最中に選挙が実施されたことに対する不満が背景にあると見られる。