英ロールス・ロイスは1000人の従業員が働くシンガポール拠点で240人を解雇する見通しだ。同国拠点では航空機向けのエンジンの組み立て、検査などを担っているが、航空産業の停滞により事業規模を縮小する。同社は世界で9000人の従業員を解雇する方針で、今回のシンガポール拠点での決定もその一環とみられる。7月9日、ロイターなどが報じた。