ロイターなどの報道によれば、マレーシアの中央銀行は7月7日、政策金利を1.75%と過去最低に引き下げた。利下げは4会合連続。新型コロナウイルスによる経済の停滞に対応する。アジア各国ではインドネシアやタイなど各国の中銀が相次ぎ利下げを迫られている。