タイ発電大手のガルフ・インターナショナル・ホールディングスは、ドイツ海上にある465メガワットの風力発電の権益の50%を190億バーツ以上を投じて取得した。バンコク・ポストなどが7月8日報じた。同社は再生可能エネルギーへの投資を強化しており、7月に入りベトナムでも2つの海上風力発電に投資している。