印中関係悪化を受けインド政府は中国からの輸入削減を検討しているが、インド産業界からはこれを懸念する声が相次いでいる。特に自動車関連に対する影響が強く、完成車メーカーや部品関連メーカーで構成される複数の業界団体が不安視している。「中国からの輸入が滞れば自動車製造業が大きなダメージを受ける」、「新排ガス基準への対応が難しくなり、電気自動車(EV)生産も立ち遅れる」といった見方が出でいる。6月30日、タイムズ・オブ・インディアが報じた。