インド政府は6月29日、59の中国製スマホアプリを禁止した。バイトダンスのTik TokやテンセントのWeChatなど著名なアプリが多数含まれている。印中関係の悪化を受けたもので、インド当局はこれらのアプリがインド国民の個人情報を流出させている懸念があるとした。同日、ビジネス・スタンダードなど各紙が報じた。