イラワジなどの6月24日報道によれば、ミャンマーの大手財閥ヨマ・グループが国内スマートフォン決済大手デジタル・マネー・ミャンマーの51%の株式を取得する。デジタル・マネーはヨマとノルウェーの通信大手テレノールの合弁会社で、今回の取引によりヨマがテレノールの保有分を買い取る。さらにデジタル・マネーはアリババ集団傘下でスマホ決済を手掛けるアント・フィナンシャルの出資を受け入れる。