ロイターなど各紙報道によれば、シンガポールは7月10日にも総選挙を実施する。リー・シェンロン首相が6月23日表明した。与党の人民行動党(PAP)の勝利は確実視されている。新型コロナウイルスの感染拡大が収束していないタイミングで選挙を実施することに対して反発する向きもある。シンガポール経済は新型コロナウイルスを受けて低迷しており、与党が打ち出す経済政策が注目されている。