中国ネット大手、アリババ集団傘下の映画製作・配給会社アリババ・ピクチャーズ・グループはシンガポール証券取引所での上場を廃止し、香港証券取引所に上場する取引所を一本化する考えを示した。シンガポール市場での同社株の取引量は少なく、香港市場で十分な流動性を確保できると見ている。6月20日、ストレーツ・タイムズなど 報じた。