インドネシア中央銀行は6月18日、政策金利を25ベーシスポイント引き下げた。これを報じたロイターによれば、利下げは今年に入り3回目で、追加緩和の可能性もあるという。新型コロナウイルスを主因とした経済停滞が背景だが、中銀総裁は2020年7-9月期に景気は底打つと見ているという。