東南アジアのデカコーン企業(100億ドル超の未上場企業)として知られるライドシェア・配車サービスのグラブが全体の5%に当たる360人の従業員を解雇する。16日、スター・オンラインなどの各紙が報じた。新型コロナウイルスの感染拡大を契機とする景気後退が長期に渡る恐れがあり、これに備え体制を変えざるを得なくなったという。