タイ中央破産裁判所は6月15日、経営破綻したタイ国際航空の事業再生計画を承認した。タイ航空は4000億ドルに上る負債の整理を進める。航空機の数を103機から2025年までに86機に減らしたり、人員を削減したりして再生を試みる。ただ新型コロナウイルスの感染拡大で観光需要は低迷が続いており、再生がスムーズに進むかは依然として不透明だ。