マレーシアで4月のネット通販の売り上げが前年同月比で約3割増加した。全体の小売りと卸売りの売り上げは約4割減少し、工場生産高も3割減少しているのとは対照的だった。マレーシアは新型コロナウイルス対策として厳しい封鎖措置を取っていたことが影響し、自宅で注文ができるネット通販への需要が大幅に高まったと見られている。6月12日、スター・オンラインが報じた。