ベトナム・ニュースは8日、消費者の購買行動を分析するニールセンのレポートを引用し、東南アジアでコンビニエンス・ストアや小型スーパーマーケット(ミニマート)が急成長していると報じた。2018年のコンビニ店舗数は前年比1割増加し7万3000店に、ミニマートは同4.7%増の5万店に拡大した。ベトナム・ニュースは両店が日用品の主要な販売チャンネルになりつつあると指摘している。