マレーシアを本拠とする格安航空会社(LCC)大手のエアアジアグループが韓国のSKグループに対し10%の株式売却について交渉している。スター・オンラインが関係者の話として4日報じた。SKグループ向けに新株を発行する見通し。スターによれば、エアアジアに出資したいと考える投資家はSKグループ以外にも多数存在しているという。