インドのネット通販大手フリップカートに対する米スマートウォッチメーカーの訴訟が波紋を広げている。フリップカートがこのメーカーのスマートウォッチを不当な形で大幅値引きして販売したことに対する訴訟で、印ネット通販の業界団体もフリップカートに反発し、この訴訟に参加する意向を示している。米ウォルマート・ストアーズ傘下にあるフリップカートは外資系企業と見られおり、インド政府も同社を始めとする外資系ネット通販業者に対する規制を足元で強めている。5日、ロイター通信などが報じた。