タイ政府は中国通信機器大手ファーウェイを巡る米中の対立から距離を置き、次世代通信規格「5G」に関して中立的な立場で海外企業の技術を採用していく考えを明らかにした。当局幹部は「ファーウェイからも、米国の企業からも5Gに必要な技術開発で支援を受けたい」と語っている。4日、バンコク・ポストが報じた。