タイ政府は今年度の輸出額の伸び率予測を前年比8%から3%に下方修正した。米中貿易摩擦や欧州政治の不安定、世界経済の減速などが背景。当局幹部は「電気製品、自動車、衣料品、ゴム製品、プラスチック製品の輸出で米中貿易摩擦の影響を強く受けている」と指摘している。5月31日、バンコク・ポストが報じた。