短編動画アプリ「TikTok(ティクトック)」を運営する中国の有力スタートアップByteDance (バイトダンス)はインドに新しい企業を設立する計画だ。エコノミック・タイムズなどが報じた。インドでTikTokは人気を集めていたが、反中感情の高まりやセキュリティリスク、ポルノ対策への不安などを背景にインド国内で同アプリに対する批判が強まっている。