タイ政府は3月下旬に発令した非常事態宣言を6月末まで延長することを決めた。タイにおける新型コロナウイルスの感染者数は抑制されているが、政府は首相の権限を強める非常事態宣言を維持し、再び新型コロナの感染が拡大しないよう警戒する必要があると判断した。一方、野党などからは必要以上に首相に権限が集中することを問題視する見方も出ている。26日バンコク・ポストなどが報じた。