22日のタイムズ・オブ・インディアなどの報道によれば、インド通信最大手リライアンス・ジオを展開する大手財閥リライアンス・インダストリーズのグループ企業に対して、米投資会社KKRが15億ドルを出資した。KKRはインドネシアのライドシェア・配車サービス大手のゴジェックや、TikTokを運営する中国のバイトダンスなどに出資している。リライアンス・インダストリーズに対しては米フェイスブックも大規模投資を実施しており、インドIT(情報技術)関連分野に米国からの資金が流れ込んでいる。