世界保健機関(WHO)は5月21日、新型コロナウイルスの感染による世界の死亡者数は公式統計よりもはるかに多い恐れがあるとの見方を示した。WHOの発表をロイターなどが報じた。2020年の総死亡者数は公式には180万人だが、実際は300万人を超えている可能性があるという。一部の国で信頼できるデータがないことや、検査を受ける前に死亡するなど統計に反映されない事例が相次いでいることなどが背景。