家具販売大手のイケアはタイでネット通販サイトを開く。年末までに1万7000回の注文数を確保することを狙う。平均購入額は実店舗の2倍に当たる7000バーツを想定している。東南アジアでは既にシンガポールとマレーシアの2カ国でネット通販サイトを展開しており、両国とも順調に成長しているという。24日、バンコク・ポストが報じた。