中国エアコン大手、珠海格力電器(グリー)の董明珠総裁が出資する電気バス(EVバス)メーカー、珠海銀隆新能源は20日までにシンガポールのエンジニアリング企業ドラゴン・グループ傘下のリチウムイオン電池開発会社に対し約2000万ドルを出資した。21日、ストレーツ・タイムズが報じた。