ロイターなどの20日報道によれば、タイ中央銀行は政策金利を過去最低となる0.5%に引き下げると決めた。利下げは昨年8月以来5度目という。タイは新型コロナウイルスの影響が甚大な観光業を主要産業としているため、他のASEAN諸国と比べ経済の落ち込み幅が大きくなる恐れがある。金利引下げにより経済回復を後押しする考え。