インドネシアのインターネット関連企業が相次ぎシンガポールで事業拡大を図っている。ストレーツ・タイムズの21日の報道によれば、Eコマース大手でユニコーン企業として知られるブカラパックは20日、シンガポール市場に参入すると発表。さらにライドシェア・配車大手のゴジェックは先月、シンガポール通信大手と業務提携した。両社は今後フードデリバリーサービスなどを共同展開する計画を掲げる。