タイ政府は19日、過半の株式を保有するタイ国際航空について破産法に基づく会社更生手続きを申請することを決定した。経営難が続いていたところに新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけた。政府系航空会社の破綻としては世界初の事例となったと見られる。