タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)は5月17日、2021年の経済成長率の見通しを2.5〜3.5%から1.5〜2.5%に引き下げた。新型コロナウイルスの感染が拡大しており、ワクチンの接種も進んでいないことが背景。現在、バンコクでは娯楽施設が封鎖されるなど経済活動に制限がかかっている。