タイのナショナル・フラッグ・キャリアとして知られるタイ国際航空が破産法による会社更生手続きの申請を計画している。18日、ロイターなどが報じた。同社株式の51%を保有する政府が申請する見通しで、19日の閣議で協議する。赤字体質が続いていたのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大により旅客数が大幅に減少したことで事業継続の見通しが立たなくなっている。