イラワジの13日報道によれば、ミャンマー最大の都市ヤンゴンでは6000を超える工場の従業員が失業しているという。47工場が封鎖などの影響で従業員を確保できず操業を停止した。職を失った人々の生活補償などが課題となっている。